胃・肺併用X線デジタル検診車 「しらかば 205 号」 を導入しました! | 北海道対がん協会

    胃・肺併用X線デジタル検診車 「しらかば 205 号」 を導入しました!



    公益財団法人北海道対がん協会では、老朽化した胃・肺がん併用検診車の更新整備を計画しておりましたが、
    この度、一般財団法人日本宝くじ協会の「平成28年度公益法人等が行う公益事業への助成」を受け、
    平成29年2月13日付、胃・肺併用X線デジタル検診車「しらかば205号」を整備し、
    札幌がん検診センターに配置いたしました。

    これまで、胃・肺検診車「しらかば号」は、黄色をイメージカラーとしていましたが、平成27年に旭川に導入した
    204号に続き、緑の大地と青い空をイメージしたカラーリングに一新し、道内を巡回いたします。

    検診で見つかるがんの8割以上は早期がんで、そのほとんどは適切な治療により救命することができます。
    定期的にがん検診をお受け下さい。
    ※各種がん検診の日程は、お住まい市町村役場、保健センターでご確認できます。


     事 業 名   平成28年度 胃・肺がん併用検診車の整備補助事業 
     整 備 内 容   胃・肺併用X線デジタル検診車   1台 
     胃X線検診システム   1式 
     胸部X線検診システム   1式 
     助 成 金 額   69,660,000円
     完了年月日   平成29年2月13日