がんの予防について

がんは、予防することができる病気です。がんの原因やハイリスク集団が明らかにされ、具体的な予防法が開発され、がん予防対策が効果的に実施されれば、がんの発生率とそれに続く死亡率は確実に下がるでしょう。主な研究対象である多くのがんは、「生活習慣病」の1つでもあります。がんは、複数の生活習慣・環境因子と遺伝因子が複雑に作用しあって発症します。喫煙、飲酒、その他食習慣などがんの発生に関与する要因は多岐にわたります。まずは簡単に出来る生活習慣の改善や、がんの症状が発生していないかのセルフチェックなどについてこのページで学んでいってください。

がんの予防に関するWebサイト(外部サイト)

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス
※リンク先は外部サイトになっております。