女性のためのがん検診

女性のためのがん検診

女性のためのがん検診のページです。
このページでは、なぜがん検診が必要なのか。がん検診ではどのようなことをするのか、など婦人科のがん検診について皆様にもっとよく知っていただこうと思います。がん検診に関わる最新の情報もお伝えしていきたいと思っています。

子宮頸がんと子宮体がんについて

子宮がん検診では子宮から細胞をとって調べるのですが、その前に少し、子宮のがんについてお話させてください。子宮のがんには全く性格の違った、二種類のがんがあります。若い方がかかる子宮の入り口にできる頸がん(けいがん)と年配の方がかかる子宮の奥にできる体がん(たいがん)です。頸がんと体がんにかかる割合はほぼ同数で、最近は体がんの報告数の方が頸がんよりもやや多くなっています。頸がんの検査は受診者全員(行政による子宮がん検診とは頸がん検診を意味しています)に行います。一方、体がんは希望者、あるいは婦人科医が必要と認めた方に対してのみ行います。

子宮頸がん

ヒトパピローマウイルスは、主にセックスを介して子宮頸部に感染します。このウイルスは女性ホルモンがたっぷり分泌され、細胞分裂が盛んで増殖している細胞ほど感染しやすく、またウイルス自体も繁殖しやすいため、多くの若い人に認められます。
ハイリスク型およびローリスク型を入れるとウイルス感染率は20歳代では50%、また男性でも女性よりやや遅れますが30歳代で40~50%と言われ男女ともほぼ同数で多くの方が感染しています。
このヒトパピローマウイルスの中にハイリスク型ヒトパピローマウイルスと言われ、発がんに関する遺伝子(発がん遺伝子)を持っているタイプが存在します。ハイリスク型ヒトパピローマウイルスが子宮頸がんの原因で、特に子宮頸がんワクチンの対象となっている強い型(16型、18型)に感染すると、感染から5~10年でがんになってしまった方もいます。
今、20歳代、30歳代の子宮頸がんが増えています。