肺がん

 肺がん検診はX線検査と喀痰検査の二本立てです。

肺の入口<肺門型>

 X線写真では、心臓や背骨と重なるために見つけにくく喀痰(細胞診)の検査が必要です。
喫煙者に多く発生し、喫煙との関係が深いと言われています。

肺の奥<肺野型>

 自覚症状が出にくく、主にX線検査で発見されます。喫煙とはあまり関係なく発生すると言われています。

喀痰検査

 喀痰検査は、X線写真では見つけにくい肺門型のがんを見つけるための検査です。
 ① 50歳以上で喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙本数)が600以上の人
 ② 6ヶ月以内に血痰のあった人
のいずれかに該当する人には3日分の痰を調べる喀痰検査(細胞診)をX線検査とあわせて行います。

低線量CT肺がん検診

 一般に行われている肺がん検診は、胸部X線写真によって診断されていますが、10ミリ前後の小さな肺がん等は発見困難なのが現状です。このような小さな肺がんを発見するためにCT検診が期待されています。当センターでは主として50歳以上の喫煙者(又は、過去に喫煙されていた方)に喀痰検査と併用でお勧めしています。

検診を受ける方はこちら

早期の検診、早期の発見が大切です。
検診を受ける方はお近くの検診センターにご連絡ください。

各検診センターへのリンクはこちらです