がん診療機能評価事業報告書


がん診療機能評価事業の実施について
(地域医療再生基金事業)


 この事業は、平成26年度から平成27年度の2カ年事業として、北海道から北海道対がん協会が受託し、
実施しました。

〇事業の概要
(1)平成26年度事業について

(目的)
 ・がん診療連携拠点病院(当時、道内21病院)の水準の均てん化及び診療の向上に資することを目的に、
  診療実績のデータ(院内がん登録)を整理し、現状と課題を把握する。
(実施状況)
 ・がん診療連携拠点病院の院内がん登録に関するデータを集計・整理し、拠点病院ごとの診療実績を把握し、
  その実態を整理するとともに、拠点病院ごとの診療に関する特色や傾向、また病院所在地の地域性などを
  把握することにより、道内拠点病院それぞれの果たす役割を評価する資料として取りまとめました。

(2)平成27年度事業について
(目的)
 ・市町村が実施するがん検診推進事業について、国の指針に基づき正しく実施され、適切に治療に結びついて
  いるかを把握・分析し、改善に結びつけるための事業評価の手法について検討し、事業評価マニュアルとして
  取りまとめる。
(実施状況)
 ・平成25年度地域保健・健康増進事業報告及びチェックリスト調査を分析し、市町村が実施するがん検診の
  状況を把握しました。
 ・医師・市町村保健師・検診機関保健師・各がんの治療経験者からなる「市町村がん検診事業評価検討委員会」
  を検診5がん(胃・肺・大腸・子宮・乳)ごとに設置して、各3回開催した委員会において上記データ分析の
  内容について検討し、今後の課題について整理しました。
  (別添「市町村がん検診事業評価検討委員会における検討概要」のとおり。)
 ・上記の検討をもとに、市町村のがん検診の事業評価の一助となるマニュアルを作成しました。



事業報告の詳細は北海道のホームページをご参照ください。
北海道保健福祉部健康安全局地域保健課 がん対策グループ
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/kinouhyouka.htm